厚労省データ2016年度版の一部を公開

▶ 会員の方へ

▶ 初めての方へ

システムについてシステムについて

当サイトで利用できるシステムをご紹介します。

システムについて

上昇病院特集について

実績が伸びている病院の取組事例をご紹介します。

システムについて

ブログ新着情報ブログ新着情報

第59回診療情報管理研究研修会 (参加報告)

2019年8月27日

第59回診療情報管理研究研修会(福岡県病院協会様主催)

<各演題について>
午前中はランチョンセミナー準備のためご講演をお聞きすることができず...

シンポジウムでは「DPC業務について 」として、4施設の方々より、各施設のDPCに係る業務についてのご講演でした。
 DPCに係る業務は、DPCデータ入力から精度管理、統計分析と幅広く、施設規模が大きなところでは業務が分業化されている。小規模施設では全てを行う必要がある半面、業務を関連付けて効率化などの改善策を取りやすいとのことでした。DPCデータはデータサイズも大きく、生成作業時のプログラム実行でも数時間待機が発生するため、夜間などの不在時でも処理を実行できれば効率的である。UWSC※を用いて定型的なプログラムの実行すらも自動化している施設もあり、大変衝撃を受けました。※UWSC:RPA(ソフトウェア型ロボット)の簡易版。マウス操作、キーボード入力、アプリケーションの起動など、PC操作の記録・プログラミングし、自動再生できるフリーソフト。
 経営分析システム「ZERO」もDPC調査ファイルを用いており、データ生成や精度管理の内容を熟知されている方が居ると、「ZERO」での分析結果の解釈や活用の幅が広がり、意義のあるものとなります。

本研修会のメインとなる「 院内の診療活動への理解を深めるためのDPCデータの活用 」として、石川ベンジャミン光一先生(国際医療福祉大学大学院)のご講演。
 公開データから精度管理や経営戦略に資する分析まで解説頂きました。病院のマネジメントには、データに基づく多角的な分析から対策を考え、改善していくPDCAに基づいた手法を取られる必要があります。そのためには経時的にモニタリングする必要があり、BIツールや分析システム等を用いて、定型的な業務を効率化して継続可能な分析を行う必要があります。また、対策検討にあたっても、DPCデータに基づいた診療プロセスの見直しを提案することも可能であり、効率的な医療への貢献と病院経営の安定に寄与できます。

委員企画コーナーでは、「診療記録の重要性について」として、土橋佳代子氏(済生会福岡総合病院)のご講演でした。
 診療記録の法的位置づけや診療記録の電子媒体での保存についての解説でした。昨今ではスキャンによる電子媒体での保管と電子カルテ上からの閲覧が可能となり、院内での物の行き来は減ったものの、その保管場所には未だ解決されていない問題もある。スキャンした電子媒体での保管を原本として扱うには3原則(真正性・見読性・保存性)を満たす必要があるため、機能(タイムスタンプなど)を満たすシステムでは高価になってしまい、原本は別に保管を余儀なくされているとのことでした。

診療情報管理研究研修会セミナー開催報告

2019年8月26日

8月20日に九州大学病院医学部の百年講堂にて第59回診療情報管理研究研修会が開催されました。

当研修会では、「上昇病院.com」のサイトを運営する弊社(株式会社メハーゲン)協賛によるランチョンセミナーを実施致しました。

セミナーでは、「診療情報管理士の強みを活かした病院経営への参画」をテーマに、新小倉病院の吉崎様より弊社経営支援システム「ZERO」の活用事例をご紹介頂きました。



ご参加頂いた約200名の方々におかれましてはこの場を借りてお礼申し上げます。
ここからは、セミナー終了後に回収したアンケートの結果についてご報告致します。

【アンケート結果について】
<参加者の所属分類>
・診療情報管理研究研修会は、その名の通り診療情報管理士の方が多く参加されており、診療情報や医事に携わる方の参加比率が高くなっておりました。
・当セミナーは「診療情報管理士の経営参画」というテーマで実施致しましたが、参加者のうち経営企画関連の部署に所属している方は6%しかおりませんでした。
・弊社の経営支援システムZEROは、導入先の8割で診療情報管理士が活用に関与しており、臨床やデータに対する知識・スキルを活かして経営改善に繋げて頂いております。



<セミナー参加について>
・参加してよかった:95.7%、参加しなくてもよかった 他:4.3%
<ZEROについて>
・興味が湧いた;84.1%、興味が湧かなかった;8.7%、無回答:7.2%
<経営分析システムの導入状況について>
経営分析(DPC・原価計算など)システムの導入状況を調査させていただきました。
DPC分析システムの導入率が高く、費用を含む分析システムを導入している病院は少数でした。
弊社では、「増収」を目的としたDPC分析システムと、「収支の最適化」を目的とした原価計算システムを合わせて利用することが病院経営において最も効果的と考えております。



また、ご参加頂いた方の所属する病院において「ZEROの無料お試しキャンペーン」を実施する旨を告知したところ、アンケートに回答頂いた1/3の病院様から「希望」もしくは「検討」とお答え頂きました。

率直な感想としましては、多くの方に「参加してよかった」とご回答頂けたことに安心致しました。


左:水谷(メハーゲン) 中央:吉崎様(新小倉病院) 右:小川(メハーゲン)

日程の都合で参加できなかった方には、当日配布資料のご送付などを行っておりますので、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡頂けますと幸いです。

2016年度データ一部公開

2018年3月20日

3月6日に公開された2016年度厚労省データに関して、
本日より一部データの公開を開始しましたのでお知らせ致します。

【公開中】
病院全体・MDC別・MDC別手術有無別指標

【公開準備中】
疾病別・疾病別手術有無別・疾病別手術術式別

今後も進捗があり次第こちらのブログにてご紹介致します。
これからも「上昇病院.com」をよろしくお願い致します。

厚労省公開データのダウンロードサイトはこちら↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000196043.html

ページトップへ